読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国ガイド

ワールド・ネバーランド「エルネア王国の日々」攻略・まとめ・プレイ日記

229年:この恋どうしよう・・・

プレイ日記(5代目)

マドックさんは相変わらず優しい人です。

f:id:elnea:20150802154914p:plain

朝早くから家に来て手料理をいただくのですが・・・ある日、

f:id:elnea:20150802161714p:plain

来るのが遅いなーなんて思っていたら、女性たちに呼び止められているのを発見しました。モテるのって本当・・・。

f:id:elnea:20150802155001p:plain

他の女性に気付かれないようにいつも朝早くから会いにきてくれてたんだ・・・

*

デートは誘いにきてくれますが少し不安が。私なんかでよいのでしょうか。

f:id:elnea:20150802155038p:plain

ユーリ「私まだマドックさんのこと何も知らなかった・・・」

f:id:elnea:20150802155048p:plain

マドック「これから知っていけばいいんじゃないのかな」

<このセリフは恋が進展しないパターンですね。愛情不足な気がします>

*

たまには、がんばって私からアプローチしてみるのこともありますが、

f:id:elnea:20150802155139p:plain

そっけない態度です。

f:id:elnea:20150802155151p:plain

マドックさんからは積極的ですが、私からのアプローチはうけてくれません。

f:id:elnea:20150802154935p:plain

これも恋の駆け引きというものでしょうか。私には難しくて・・・

f:id:elnea:20150802154947p:plain

ウィアラさんの食事も喉が通りません。

*

20日、今日は私の誕生日。弟からお祝いをいただきました。

f:id:elnea:20150802155206p:plain

イムをかたどったパンです。

f:id:elnea:20150802155216p:plain

アンドレア「ねーちゃん、なんかわからねーけど元気だせよ」

ユーリ「ありがとう」

騎士の居室に住んでいて近くのおばあちゃんにも会いました。おばあちゃんはお茶目ですね。騎士の家系がイヤで魔導師を続けているんです(笑)

f:id:elnea:20150802161510p:plain

さて今日は私の誕生日でもあり、星の日でもあるのですがマドックさんはエナの子に選出され逢えませんでした。

f:id:elnea:20150802161502p:plain

エナの子資質の他の独身男性がいらっしゃるのに、エナの子になるなんて恋人としては複雑な気持ちです。

*

21日の今日は白夜です。光星にお願いをするとよいらしいのですが・・・

f:id:elnea:20150802161619p:plain

みんなは何をお願いするんだろう?

f:id:elnea:20150802161642p:plain

マドック「また4年後もこうしていられたらいいのにね」

f:id:elnea:20150802161517p:plain

ユーリ「私もそう思います(そ、そうだ今なら!)マドックさん・・・あの明日デートしませんか!」

f:id:elnea:20150802161631p:plain

マドック「ごめん、明日はちょっと・・・」

ユーリ「そうですか」(なんで私から誘うと断るんだろう)

*

夕方のエルネア杯・決勝戦、おじいちゃんが出場していませんでした。

f:id:elnea:20150802161650p:plain

なんで・・・

f:id:elnea:20150802161702p:plain

おじいちゃんが騎士隊長じゃないと嫌・・・!!

f:id:elnea:20150802161726p:plain

元気になるまで毎日食事を作って通うからね。

*

22日、家をでるとマドックさんからデートのお誘い。

f:id:elnea:20150802165119p:plain

毎朝、家の前まで迎えにきてくれデートにも誘ってくれるけど

f:id:elnea:20150802165107p:plain

私から誘ってはダメ・・・困惑します・・・

*

ジェム「やぁ久しぶり、今から予定ある?」

f:id:elnea:20150802165013p:plain

ユーリ「ごめんなさい、先約があるんです」

ジェム「マドックとデートかな?」

ユーリ「はい・・・」

*

マドック「ごめん、おまたせ!」

f:id:elnea:20150802165045p:plain

ユーリ「(あ、女性に呼び止められてる・・・)今日は時間もないですし、

f:id:elnea:20150802165055p:plain

また誘ってください。ここで失礼します!!」

マドック「あっ」

*

ジュリアーナ「おーい、久しぶり元気ないじゃん、ギブルはずれたの?」

f:id:elnea:20150802165024p:plain

ユーリ「ううん、おじいちゃんが元気ないのと恋愛に悩みが・・・」

ジュリアーナ「あんたのおじいちゃん騎士隊長でしょ、まだまだ平気よ。それと彼、もうすぐ誕生日じゃない?プレゼントでもあげたら?」

ユーリ「そうだね・・・」

*

29日、今日はマドックさんの誕生日。給与もでたのでプレゼントを買いに行きます。

f:id:elnea:20150802165129p:plain

南国の花束です。すごく喜んでくれた・・・ように見えましたが・・・

f:id:elnea:20150802165139p:plain

すぐに捨てられました・・・私、どうしたらいいんだろう。

f:id:elnea:20150802165146p:plain

続く・・・

これプレイヤーが見た時の衝撃といったら半端なかったです。思わずつぶやいてしまった。

拾うコマンドが出ていて、幼女ジョージアちゃんの手前に花束が置かれています。こりゃ別れるか、脳内にて強制補正をかけるしかない。頑張れ!!私の妄想力(恋愛を続けるなら・・・だが・・・)