読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国ガイド

ワールド・ネバーランド「エルネア王国の日々」攻略・まとめ・プレイ日記

253年:仲人として奔走

1番上の姉ちゃんは自分で好きな人をみつけて結婚した。

f:id:elnea:20150905014337p:plain

2番目のアルディス姉ちゃんはお父さんのおせっかいからゴライアスさんと付き合っている。

f:id:elnea:20150905014343p:plain

3番目のマルリス姉ちゃんは、俺がおせっかいを焼こうと思っている。マルリス姉ちゃんは強い男性がいいな。確か独身で若い近衛騎士の人が・・・ホーマー・ゴートンさん。ジェム・ゴートンさんの孫だったかな。※5代目でプレイヤーが付き合うか悩んだ相手です。

ホーマー「俺と探索に?いいけど。」

クリフト「はい、見かけない魔物も増えてきましたし1人では心もとなくて」

f:id:elnea:20150908010101p:plain

ホーマー「ま、探索も食事も気軽に誘ってくれ」

── 翌朝。

ホーマー「おはよう、探索に行こう」※行動的な性格

クリフト「え!あの紹介したい人が・・・」

f:id:elnea:20150908010220p:plain

クリフト「僕の姉ちゃんなんですけどね」

ホーマー「足手まといにならなければいいが」

f:id:elnea:20150908010029p:plain

(ホーマーさん、ストイックだな)

f:id:elnea:20150908010037p:plain

クリフト「というわけで、うちの姉ちゃんはどうですか?」

f:id:elnea:20150908010203p:plain

ホーマー「悪くない剣さばきだった」

クリフト(そういう話じゃなくて!)

── 星の日。

いつもの通り、虹色の花を探しに森の小道に行こうとしたが不思議なチカラによって入れないことが判明した。ああ、僕はエナの子の候補者だったのか。父さんの若いころと違って、モテる自覚はないが・・・まぁ適当に。

f:id:elnea:20150908010316p:plain

父さんの審美眼はすごいや・・・父さんがイチオシだった、アルディス姉ちゃんの恋人

f:id:elnea:20150908010328p:plain

ゴライアスさんがエナの子に選ばれた。

ちなみに女性側のエナの子はマルリス姉ちゃんだ。

f:id:elnea:20150908010335p:plain

(姉ちゃん、笑った顔がマジ美人だなー)

それから何人かの女性から話しかけられるようになった。

f:id:elnea:20150908010114p:plain

友達はいいんだけど、それ以上の関係は・・・

f:id:elnea:20150908010124p:plain

今は求めてないかな。

f:id:elnea:20150908010135p:plain

アシュ姓は気になるけど、そんな動機で付き合ったり結婚するのは不純だ。

f:id:elnea:20150908010143p:plain

父さんが昔「好きな人ができたらここで告白するんだぞ」と言っていたが

f:id:elnea:20150905014350p:plain

まだその日はこない。