読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国ガイド

ワールド・ネバーランド「エルネア王国の日々」攻略・まとめ・プレイ日記

270年:魔人の洞窟を制覇した!

プレイ日記(9代目)

父さんは山岳兵に婿入りして楽しいんだろうか。

f:id:elnea:20151107190230j:plain

俺は、山岳兵をいつ辞められるのだろうか。とりあえず服装を変えて、気分一新してみたが空しいだけだ。

f:id:elnea:20151107190236j:plain

フレン「おい、ルディ・・・フォモスの股の下で話すのもアレだけどさ・・・」

f:id:elnea:20151107190237j:plain

フレン「いつも、ここでぼーっとしてるよな。ここは恋人の憩いの場だ。早く彼女を作れよ!」

f:id:elnea:20151107190240j:plain

(そうだ、山岳兵を辞めるには結婚しかない。ムリだ、そんな相手がいない。)

レベルがチカラに偏るのもやむなし、ひとまず己を鍛えることに集中しよう。

f:id:elnea:20151107190231j:plain

ぐは・・・俺は未熟者だ。調子に乗った・・・。

アレクシア「ルディ、ひどい怪我!大丈夫?」

f:id:elnea:20151107190232j:plain

アレクシア「無理しないでよ・・・いきなり魔人の洞窟だなんて」

f:id:elnea:20151107190241j:plain

ルディ「身体が痛い、家まで肩を貸して」

アレクシア「・・・もう」

アレクシア「あのさ、まずは採掘とかやれることあるじゃない?」

ルディ「俺は山岳兵を辞めたいし、早く武術を極めたいんだよ!」

f:id:elnea:20151107190233j:plain

アレクシア「それで無理して倒れたら意味ないじゃないの」

ルディ「ぐぬぬ・・・」

しょうがない。ある一定のレベルになるまで周囲のチカラを借りるか・・・

f:id:elnea:20151107190234j:plain

母さんと婆ちゃんで探索へ。まだ揃ってないスキルもあった。

f:id:elnea:20151107190235j:plain

スキルを集めながら少しずつ進めるとするか。

森への探索は、ぶっきらぼうな龍騎士のデータスさんと。

f:id:elnea:20151107190238j:plain

スピードのレベルが高く先制攻撃をしてくれる。心強い。

f:id:elnea:20151107190239j:plain

たまに誘われる練習試合では到底勝てっこない相手だ。

f:id:elnea:20151107190250j:plain

 俺のスピードも早くデータスさんの領域に達したい。

f:id:elnea:20151107190251j:plain

ルディ「アレクシア !この前はありがとう。周囲の力を借りて少しずつ鍛えていくことにするよ」

f:id:elnea:20151107190242j:plain

アレクシア「やっと名前で呼んでくれた。頑張ってね^^」

ただ・・・「周囲のチカラを借りて少しずつ鍛えていく」と言っても時間は待ってくれない。

f:id:elnea:20151107190243j:plain

ルディ「婆ちゃん・・・辛いところ無理させてごめん。でも最後にお願いがあるんだ!!」

俺は祖父母と魔人の洞窟へ向かった。

f:id:elnea:20151107190244j:plain

クリフト爺ちゃんもレベルが高く、婆ちゃんをかばうように戦い・・・一歩ずつ深い階層へ

f:id:elnea:20151107190246j:plain

20F、最後のボスは婆ちゃんの会心の一撃を見ることができた。

f:id:elnea:20151107190245j:plain

9代目にして魔人の洞窟を制覇した!

f:id:elnea:20151107190247j:plain

図書館に名前が刻まれた・・・

f:id:elnea:20151107190248j:plain

本当は婆ちゃんと爺ちゃんの名前も一緒に刻んでほしかった。

f:id:elnea:20151107190249j:plain

一人じゃ出来なかったことだから。