読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国ガイド

ワールド・ネバーランド「エルネア王国の日々」攻略・まとめ・プレイ日記

270年:少しずつ進展

プレイ日記(9代目)

幸運の塔からアレクシアの家まで送って行った。

f:id:elnea:20151108000743p:plain

彼女にはお兄さんがいたのか、知らなかった。というか、家の場所も初めて知ったくらい。アレクシアについては知らないことだらけだ。

カジミール「あれ、アレクシアちゃんの家からなんでルディが?」

f:id:elnea:20151108001544p:plain

カジミール「そっか、アレクシアちゃんと付き合ったのか。学生時代から先に目をつけてたのは僕だったのにな。」

ルディ「ごめん」

f:id:elnea:20151108001552p:plain

カジミール「いや、相手の気持ちまでどうにかできるわけでもないし、しょうがないよ。」

ルディ「俺が女だったらカジミールに惚れてたんだけど。」

f:id:elnea:20151107190359j:plain

カジミール「そのフォローいらないw」

ルディ「というわけで、カジミールとも気まずくなることもなく無事だ」

f:id:elnea:20151107190401j:plain

マリアーノ「それは、よかった。僕は紹介してもらったシンディと付き合ってるよ。」

俺に彼女が出来て家族にも安堵に訪れたようだ(?)

f:id:elnea:20151108004226p:plain

アレクシア「デートに誘いに来たんだけど、ルディのお父さんとお母さんにじっと見られるの恥ずかしいね・・・」

f:id:elnea:20151108004233p:plain

ルディ「次からは俺が誘いに行くよ・・・」

つーか、カジミールも何でまだ一緒についてきてるんだよ!

f:id:elnea:20151108004241p:plain

カジミール「アレクシアちゃんを泣かせてないか見に来ただけだから気にしないで」

ルディ「気になるわ!」

兄さんもデートの予定がないのになぜここに・・・

フレン「初デートだし兄としてサポートしてあげようかなと。」

f:id:elnea:20151108004248p:plain

アレクシア「ルディの周りの人って面白いね」

ルディ「いやいや、騒がしくてごめん・・・その、」

f:id:elnea:20151108004255p:plain

ルディ「やっと二人きりになれた、目をつぶって」

f:id:elnea:20151108005254p:plain

俺もやるときはやる。