読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国ガイド

ワールド・ネバーランド「エルネア王国の日々」攻略・まとめ・プレイ日記

270年:プロポーズするぞー

プレイ日記(9代目)

今日は親友の応援に。

f:id:elnea:20151108081320p:plain

カジミールは試合に負けてしまった。

f:id:elnea:20151108081334p:plain

そういえばアレクシアも試合に出ているんだっけ・・・

アレクシア「デートに行けなくてごめん。試合の応援してね!」

f:id:elnea:20151108085058p:plain

彼女の騎士姿は似合うんだろうな、個人的には魔銃師の服が好みだけど。

f:id:elnea:20151108085109p:plain

・・・って待てよ。

f:id:elnea:20151108085117p:plain

また忘れていたけど俺は山岳兵だ・・・彼女が役職につくと別れることになる!!

やばい、騎士になることを阻止しなければ!次のアレクシアの試合相手はアルディスさんの孫に当たる従兄のバーンだ。

f:id:elnea:20151108085134p:plain

バーン頼む、アレクシアに勝ってくれ・・・!!

f:id:elnea:20151108085126p:plain

アレクシア「うう・・・試合に負けちゃった。」

ルディ「よかった!そっか、残念だったね。来年もチャンスがあるし強くなるために一緒に探索に行こう」

f:id:elnea:20151108091839p:plain

アレクシア「やった、デモンタバール★★★武器を手に入れたよ!」

f:id:elnea:20151108091847p:plain

ルディ「武器の相性を考えると魔銃師になるのがいいね」

アレクシア「魔銃師か、いいかも♡探索に付き合ってありがとう♡」

f:id:elnea:20151108085145p:plain

(無邪気に喜んでいる様子をみると騎士になることを阻止したい、なんて口が裂けてもいえないな)

負けず嫌いの彼女のことだ、また騎士か魔銃師にエントリーすることを考えると

f:id:elnea:20151108085154p:plain

年内中にプロポーズしたほうがいいんだろうな。

アレクシア「考え事?どうしたの?」

f:id:elnea:20151108085208p:plain

ルディ「いや、明日は酒場に行こう。」

ルディ「はい、誕生日プレゼント。おめでとう」

f:id:elnea:20151108085222p:plain

アレクシア「うれしい・・・ルディ、ありがとう」

f:id:elnea:20151108085231p:plain

やっぱり別れることは考えられないよな。よし、覚悟を決めるか。

指輪はどれにしようかな。(おっと、アレクシアのお父さんだ・・・)

f:id:elnea:20151108085240p:plain

あとはカジミールだ。まだアレクシアのこと諦めてないだろ・・・

f:id:elnea:20151108085258p:plain

ルディ「カジミール、ちょっとこっちに・・・」

カジミール「何、その指輪。俺にプロポーズ?」

f:id:elnea:20151108085248p:plain

ルディ「そうそう、ってそんなわけないだろ!」

カジミール「思いのほか早く彼女にプロポーズするんだね」

f:id:elnea:20151108085305p:plain

ルディ「お前が彼女の前をちょろちょろしてるからだろw」