読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国ガイド

ワールド・ネバーランド「エルネア王国の日々」攻略・まとめ・プレイ日記

わがままなアーヴィングさん

アーヴィング「レイチェル…オレたち付き合ったんだよな、夢じゃないんだよな…」

レイチェル「は、はい」(ドキドキ)

アーヴィング「あのさ、お願いがあるんだけど

f:id:elnea:20160111162304p:plain

オレは、恋人の手料理が食べたい!!」

レイチェル「!」

f:id:elnea:20160111162316p:plain

料理は好きだけど、改めて恋人としてあげるとなると恥ずかしいですね。

f:id:elnea:20160111162326p:plain

ふんふん~♪好きな人を想いながらお菓子作りってこんなに楽しいものなんて。

f:id:elnea:20160111162334p:plain

あれ…チョコブロックがない。…明日までに作るって約束したのに。

f:id:elnea:20160111162345p:plain

急いで市場にいったものの、この時期はチョコブロックがないことが判明。アーヴィングさんとの約束を守ることができないなんて…

f:id:elnea:20160111162403p:plain

(はぁ…)

ファビウス「ねーちゃん…溜息なんかついて、どうしたの?食欲の秋なんだよ、いっぱい食べて元気だしてよ」

レイチェル「そう、秋…ね。あ!今日からチョコブロックの販売でした!」

f:id:elnea:20160111162413p:plain

よかった、チョコブロックが手に入った。急いで作ろう!

アーヴィング「レイチェル、おはよー何してんの?」

f:id:elnea:20160111162426p:plain

レイチェル「アーヴィングさん、昨日の約束の料理を作りました。よかったら食べて行ってください!」

アーヴィング「マジで!うわ、美味しそう…」

f:id:elnea:20160111162435p:plain

アーヴィング「ごちそうさま。今日はありがとう。明日よかったら一緒にデートしよう」

レイチェル「はい!」

f:id:elnea:20160111162443p:plain

レイチェル「外まで送っていきます」

アーヴィング「それともう1つお願いが…レイチェルのその服についてるブローチが欲しい」

レイチェル「え、こんなものでよければいいですよ」

f:id:elnea:20160111162457p:plain

アーヴィング「おっしゃー!レイチェルの私物だー(くんくん…)レイチェルもオレにして欲しいことがあったら遠慮なく言って!じゃ、また明日!」

f:id:elnea:20160111162512p:plain