読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国ガイド

ワールド・ネバーランド「エルネア王国の日々」攻略・まとめ・プレイ日記

花かんむりの人

f:id:elnea:20160614221727p:plain

エルネア杯、お母さんが順調に試合を勝ち進んでいます。

いよいよバグウェルとの闘い…私がお母さんにできることってなんだろう。

やった、見つけた!

f:id:elnea:20160614221739p:plain

お守りになる光の花…お母さん喜ぶかな。

サラ「お母さん、お守り…受け取ってください」

シェリ「サラ、ごめんね。これは受け取れないの」

f:id:elnea:20160614221757p:plain

サラ「お母さん…のため…って、私、頑張って探したのに…」

シェリ「サラ…泣かないで、あのね」

マンフレッド「すみません、シェリさん!サラさんをお借りします。」

f:id:elnea:20160614221824p:plain

マンフレッドさんに腕を引っ張られて連れてこられた幸運の塔。さっき、ここで光の花をみつけたばかりだったのに。

f:id:elnea:20160614221852p:plain

サラ「光の花、いらないんだって。探索ばかりで家も留守がちだし、私のこと嫌いなのかな…」

(そっか…私、寂しかったんだ。小さい頃の記憶が少しずつよみがえる。探索で帰らないお母さん。私はいつもお母さんを探し回ってフラフラしていたんだっけ。)

マンフレッド「シェリさんは嬉しかったはずだよ。シェリさん、1回目のバグウェル戦、お守りを使ったんだって。2回目は実力で勝ちたいんだと思う。」

f:id:elnea:20160614221852p:plain

マンフレッド「そうだ、もう少ししたら牧場に来てくれる?」

マンフレッド「はい、プレゼント。さすがに花かんむりを作る余裕はなかったよ」

f:id:elnea:20160614222135p:plain

サラ「花かんむり…」

あの日、お母さんを探して迷子になって…泣いてうずくまっていたら花かんむりを作ってくれた人。それって…

f:id:elnea:20160614223238p:plain

マンフレッド「シェリさんが心配する。笑って、ね?」

サラ「あ…」

サム「サラ!何してるんだ、母さんが心配してる」

f:id:elnea:20160614222157p:plain

マンフレッド「それじゃまた」

f:id:elnea:20160614222213p:plain

手の平のルリオオツノムシはキラキラと輝いていた。