読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国ガイド

ワールド・ネバーランド「エルネア王国の日々」攻略・まとめ・プレイ日記

270年:成人したどー

いよいよ成人した、レベルはオール160でスタート!

ルディ「おーい、マリアーノ!成人祝いに酒場いこうぜー」

f:id:elnea:20151107190214j:plain

ルディ「俺の探索に付き合ってレベルも高いから近衛騎士になれば?」

マリアーノ「うーん、考えてないよ」

f:id:elnea:20151107190216j:plain

(リヴェットの一族なのにもったいないなー)

カジミールとも食事に行こうとしたけど弁当で済ますらしい。残念。

f:id:elnea:20151107190217j:plain

さて、成人した俺は近衛騎士になるべく選抜にエントリー・・・

f:id:elnea:20151107190218j:plain

って!次男とは言え、家を出るまで山岳兵だったんだ!!もちろん解任服も着られない。

f:id:elnea:20151107190219j:plain

 嗚呼・・・(放心)トーナメントに出られない山岳兵なんて退屈でしかない。

f:id:elnea:20151107190220j:plain

山岳兵は奏士になることもできないし、家を出る方法といえば・・・

???「ルディ、ねぇルディ」

f:id:elnea:20151107190222j:plain

ルディ「え?」

アレクシア「雪、降ってる中どうしたの?風邪ひくよ」

f:id:elnea:20151107190221j:plain

ルディ「今から帰るつもりだから平気」

さ、家に帰ってふて寝しよ。てか誰だっけ・・・あの子。

f:id:elnea:20151107190223j:plain

レベル255になるためには探索しなきゃいけないんだろうけど、その気になれない。

???「また会ったね」

f:id:elnea:20151107190224j:plain

アレクシア「その様子だと忘れてるでしょ。私、学生時代に一緒に探索に行ったアレクシアよ」

ルディ「あーあのときの」

f:id:elnea:20151107190225j:plain

カジミール「おーい、ルディ!食事に行かない?あ、アレクシアちゃんも一緒だったんだね」

ルディ「おう、メシメシ!」

カジミール「またね、アレクシアちゃん!」

ルディ「というわけで、俺は成人しても山岳兵だったことを忘れてたよ!」

f:id:elnea:20151107190227j:plain

カジミール「ははwまぁ山岳兵の特権で魔人の洞窟の探索もできるし、今のうちに鍛えたらいいんじゃないの?」

ルディ「確かにね」

f:id:elnea:20151107190226j:plain

ルディ「あと、ぜんぜんっ関係ないんだけど髪型を変えない?」

カジミール「ほんと突然だな、いいけど。」

f:id:elnea:20151107190228j:plain

(俺と髪型が被ってたし、これでいい。彼はイケメンだ!)

久しぶりに野郎3人で探索。

f:id:elnea:20151107190229j:plain

このメンバーで騎士になれたらいいんだけど、他の2人はその気がなさそうだ。レベル高いのにもったいない。