読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国ガイド

ワールド・ネバーランド「エルネア王国の日々」攻略・まとめ・プレイ日記

270年:恋人ができた。

プレイ日記(9代目)

アレクシア「今日は試合なの。ルディ、応援してね」

ルディ「わかった。」

f:id:elnea:20151107190340j:plain

毎朝、アレクシアは俺に会いに来てくれる。 で、カジミールもアレクシアを追いかけてくる。

f:id:elnea:20151107190341j:plain

マリアーノの言う通り、あからさまに親友と三角関係ですやん。

ルディ「カジミール、話があるんだけど食事に行こう」

カジミール「おう」

f:id:elnea:20151107190343j:plain

カジミール「で、話って何?」

ルディ「なんでもない・・・また今度。」

f:id:elnea:20151107190342j:plain

カップルがハート飛ばしまくって話しづらいわ!

しょうがない、先手必勝。

ルディ「今日の試合、頑張って。これ・・・」

f:id:elnea:20151107190344j:plain

アレクシア「わぁ、嬉しい」

f:id:elnea:20151107190345j:plain

恋愛って情熱的になるものだと思ってたけど

f:id:elnea:20151107190346j:plain

気が付けばそばにいた不思議な子だな・・・

f:id:elnea:20151107190347j:plain

ルディ「今日の試合、おめでとう。良ければこれから2人で出かけない?」

f:id:elnea:20151107190348j:plain

アレクシア「それは出来ないの・・・」

f:id:elnea:20151107190349j:plain

え、デートに断られた?何でだろ・・・イケると勝手に思ってたわ。

次の日、アレクシアが俺に会いに来た。

f:id:elnea:20151107190358j:plain

(ついでにアレクシアを追いかけるカジミールも・・・)

アレクシア「あのさ、昨日はごめんね。これから2人で出かけない?」

f:id:elnea:20151107190354j:plain

ルディ「ごめん、また今度誘って・・・」(え?)

f:id:elnea:20151107190355j:plain

選択肢が「お断り」しかない。

ルディ「あのさ・・・俺が言いたいことわかるかな?」

アレクシア「うん、わかる・・・」

f:id:elnea:20151107190406j:plain

両想いなのに親密度が足りない!

ルディ「イイテンキデスネ」

f:id:elnea:20151107190357j:plain

ルディ「コレカラ、ハーブ摘みイキマセンカ?」

f:id:elnea:20151107190405j:plain

突然、あいさつをしたりハーブ摘みに行ったりw

ルディ「不自然だなw・・・俺ららしく一緒に探索行こう!」

f:id:elnea:20151107190350j:plain

ちょっと無理したか・・・ごめん。

f:id:elnea:20151107190351j:plain

遅くなったし家まで送るよ。

f:id:elnea:20151107190352j:plain

アレクシア「今日は一日中付き合ってくれてありがとう、また明日ね!」

次の日、俺から行こうと思ったけど彼女のほうが早かった。

f:id:elnea:20151107190402j:plain

改めて意識すると緊張するな・・・

f:id:elnea:20151107190403j:plain

アレクシア「ルディのことが好きなの・・・」*1

f:id:elnea:20151107190404j:plain

ルディ「俺も好きだ、そばにいてほしい。」

アレクシア「いつから意識したんだろうね(笑)」

f:id:elnea:20151108000519p:plain

ルディ「髪型変えてからすごく可愛いと思ったし、カジミールが、あ。いや、なんでもない。」

親友に取られると思って嫉妬した、なんて言えない。あぶないあぶない。

ルディ「家まで送るよ。」

f:id:elnea:20151108000643p:plain

*1:アタシ+恋人さん付けってあまり出会わないタイプ!