読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国ガイド

ワールド・ネバーランド「エルネア王国の日々」攻略・まとめ・プレイ日記

好きだった人にさよなら

アーヴィング「おはよ、告白したからって態度変えないでよ」

レイチェル「はい…頑張ります。えーっと前から思っていたのですが、アーヴィングさんってオーガストさんから好かれてますよね。」※キャプチャにかなりの確率で入るw

アーヴィング「レイチェルの親戚だろ…好意は持たれているようだがそれ以上は何も。」

f:id:elnea:20160109222249p:plain

アーヴィング「さーて、今日こそデートに行くか?」

レイチェル「ごめんなさい!」

f:id:elnea:20160109222304p:plain

レイチェル「私、これまでの気持ちに決別したいんです。」

アーヴィング「それってエッカルトさんに告白するってこと?」

レイチェル「そうです。」

アーヴィング「えー、オレにじゃないのかー残念。」

f:id:elnea:20160109222359p:plain

レイチェル「エッカルトさん、お話があります!!」

f:id:elnea:20160109222333p:plain

エッカルト「久しぶりに会うね。どうしたの?」

レイチェル「私、エッカルトさんのことが好き…でした…」

エッカルト「ごめんね、レイチェルちゃんは妹のように思ってたよ」

f:id:elnea:20160109222320p:plain

レイチェル「ええ、すっきりしました。ガブリエラちゃんと幸せになってください」

エッカルト「それよりアーヴィングに怒られそうだよ、僕は。」

これでよかったんだよね…あ、あれお父さんとマリアーノさん。

ルディ「おまえんとこの息子は押しが弱いんじゃないのか?」

マリアーノ「息子は積極性だけが取り柄なんだぞ!レイチェルちゃんが難攻不落すぎるんだよ!」

f:id:elnea:20160109222413p:plain

もう、二人とも!

アーヴィングさんは、相変わらず毎日会いにきてくれます。成人して初めて探索に誘われたけど、まさかの魔獣の森…

f:id:elnea:20160109222451p:plain

アーヴィング「いいところ見せようと思ったけどやばかった…危ない目に合わせたらおやじとルディさんに怒られる」

レイチェル「アーヴィングさんが盾になってくれたから私は何ともないですよ」

f:id:elnea:20160109222502p:plain

アーヴィング「それなら姫を守った騎士(ナイト)へのお礼は手料理でいいよー」

レイチェル「んー本物の騎士だったらカッコイイんですけどね、えへへ」

f:id:elnea:20160109222512p:plain