読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国ガイド

ワールド・ネバーランド「エルネア王国の日々」攻略・まとめ・プレイ日記

254年:彼女の思わせぶりな理由

クリフト「というわけでさ、ビアンカはホーマーさんと付き合ってしまったんだ…」

エヴァートン「そりゃ辛いな。でも気になることが…いやなんでもない。」

f:id:elnea:20150908165943p:plain

エヴァートン「とにかく、僕が協力できることがあれば言って!」

クリフト「ありがとう、気が楽になるよ」

彼はエヴァートン、親戚で幼なじみだ。先日、起こったことを愚痴った。

── ジェロニモ義兄さんも気を使ってくれる。

ジェロニモ「今日は男同士ゆっくり話そう!私が奢るよ!」

f:id:elnea:20150908151438p:plain

ジェロニモ「このまま、うちに遊びに来る?」

f:id:elnea:20150908151454p:plain

クリフト「いや、同じ居室住まいじゃないですかw」

ジェロニモ「うん、そうだ!紹介したい人がいるんだ!」

f:id:elnea:20150908151505p:plain

クリフト「だと思った!兄さん独身女性の知り合いいないじゃないですかw」

── といった具合に、親友や義兄に慰められてもやっぱりドルム山道に来てしまった...

女々しいかもしれないが親友の彼女を追いかけてしまう。

f:id:elnea:20150908172006p:plain

ビアンカ「雨の中、こんなところで何やってるの?」

クリフト「あ、いや・・その・・」

f:id:elnea:20150908173031p:plain

ビアンカ「まぁいいわ、午後から試合だから応援してね」

f:id:elnea:20150908173104p:plain

おお、山岳兵のタンクトップから覗く腋ってセクシーだな。

f:id:elnea:20150908173117p:plain

はっ、邪念だ・・・僕というやつは何を考えているんだ。

クリフト「強かったですね、おめでとうございます」

f:id:elnea:20150908173306p:plain

ビアンカ「ありがとう、そういえば騎士になりたんでしょ?一緒に洞窟に行く?」

f:id:elnea:20150908173421p:plain

── 僕の友人リストはホーマーさんが1番で次にビアンカさんだ。

しかし、何度も話をしても「告白する」ことはできない。

f:id:elnea:20150908173320p:plain

僕にできるのは応援するだけ・・・

f:id:elnea:20150908173329p:plain

一方で僕はモテキが到来したようだ。

f:id:elnea:20150908173402p:plain

今は誰からの告白をうけるつもりはない。

f:id:elnea:20150908173436p:plain

しかし、なんで他の子に「告白する」選択肢があるんだろう。

(はぁ・・・)

ビアンカ「何ため息ついてるのよ、辛気臭いわね。ほら、これで男前になるわよ」

f:id:elnea:20150908173452p:plain

クリフト「いいんですか、こんな素敵なもの恋人に贈r・・・」

ビアンカ「何を悩んでるのか知らないけど男ならしゃんとしなさい!」

f:id:elnea:20150908173502p:plain

クリフト「なっ、僕の気持ちも知らないで優しくしないでくださいよ!!」

ビアンカ「ちょっと」

── やってしまった・・・

街門通りまでかけ降りた僕は掲示板をふと見上げた。

f:id:elnea:20150908173510p:plain

嘘だろ・・・ビアンカが失恋している。

プレイヤーの声:ホーマーとビアンカが付き合ったかと思ったら、もう失恋してた。それなのにプレイヤーが告白できないってつまり・・・